包茎手術など悩みはクリニック利用で改善可能~スッキリハッピー~

ハイヒールに踏まれる男性

悩み解消をする

自由診療扱いの包茎治療を受ける人が多くなってきています

最近は、多少高額の費用がかかってしまったとしても、できるだけ自然な見た目になる包茎手術を受けたいと希望する人が増えてきています。そもそも仮性包茎の治療は保険の適用を受けることができませんので、昔から美容外科クリニックで手術を受ける人がたくさん存在していました。でも、最近では、真性包茎の人が美容外科クリニックで手術を受けるケースが多くなってきています。保険が適用される手術を受ければ費用負担を軽くすることができるのは確かですが、保険治療の場合は術式の制限を受けることになります。とにかく包皮が剥ける状態になることだけが重視されますので、場合によっては傷跡が目立ってしまう可能性があります。でも、美容外科クリニックでは、審美面への配慮が行き届いた包茎手術を受けることができるため、治療費全額を自己負担して美容外科で真性包茎の治療を受ける人が増えてきています。

美容外科で包茎治療を受ける人が増えるだろうと予想されています

保険が適用される包茎治療の術式は、昔から泌尿器科で行われてきた背面切開法や環状切開法だけに限られています。治療費の大半が税金でまかなわれることになりますので、傷跡を目立たなくさせるために余計な費用がかってしまうような治療を受けることはできません。ペニスの見た目に多少違和感が残ってしまっても構わないという人であれば、安い自己負担額で治療を受けることができる背面切開法や環状切開法を利用するとよいでしょう。でも、現実的なことを考えると、包茎手術を受けたことがバレバレになってしまうような方法で治療を受けたいと考える人はほとんどいません。目立つ傷跡が残ってしまえば、たとえ包皮が剥けるようになったとしても、別のコンプレックスに悩まされることになってしまいます。そのため、今後は美容外科クリニックで包茎手術を受ける人の数が増加するだろうと予想されています。